就職の面接

就職の筆記試験と面接

 

筆記試験や面接試験が採用試験では行われます。
就職採用試験にパスしなければ就職先は見つかりません。
毎年定期的に行われている新卒者用の試験では、
筆記や面接などはじめ2次試験3次試験と数回行われることもあります。
1回の採用試験で採用を決める企業を希望するという新卒者もいます。

 

採用する側の企業も、有能な人材を見極めるために
採用試験の内容に頭を悩ませているところも多いようです。
一般常識をメインとした筆記試験を行うところもありますが、
適性検査でその人の人物像を見ようとする会社もあります。

 

面接試験では、
直接企業側から一人一人についてあらゆる方面からチェックが入ります。
数人ずつまとめて受ける場合や、
一人に対して複数の試験官いるケースもあります。
共に採用試験を受ける人を競争相手と考えた場合、
面接の場で自己主張をして差をつけておけるかどうかが重要事項です。

 

最初に筆記試験をするのは、
基礎ができていない人を落とすためといえます。
採用する人を決めるための試験が面接試験です。
そのため、面接での内容はとても重要になってくるというわけです。
また、新卒者の採用試験と、
中途採用者の採用試験では、着眼点が異なっているようです。

 

就職試験の面接では、
自分自身を会社に対してどう売り込んでいくかという姿勢が大事であり、
学業での試験と違って正解を求めるものではありません。

就職の面接で質問されること

 

就職活動を成功させるには面接攻略が必要です。
会社の戦力になる人材を見いだすため、
企業側も目を皿のようにして1人1人を見ているでしょう。

 

これを言えば面接では正解となるというものは存在しません。
答えがある筆記試験と違い、
面接では企業側の需要と
こちらの提示するものの一致点を探せるかどうかです。
面接の内容や聞かれることは企業によって様々ですが、
面接の傾向としては近いものがあるので覚えておきましょう。

 

面接で行う自己紹介は、
自分のことを会社に売り込む場であるともいえます。
制限時間が設けられている場合が多いようですが、
2分なら2分の中で何を言いたいか、
あらかじめ決めておくといいでしょう。

 

志望理由は、
面接試験でなぜうちの会社に入りたいのかを問われることがよくあります。
同業の他社ではなくこの会社を選択した理由はどこにあるのか、
わかりやすく説明して欲しいと言われることもあります。

 

転職活動を行っている人に対しては、
これまでの会社を退職する理由やその会社での実績を聞いてきます。
自己都合や会社の人員整理で退職をせざるをえなかった人などは、
面接でいかにポジティブな姿勢を示せるかが大事です。

 

採用試験を通過するには、
面接の場を通して一緒に試験を受ける人より頭1つ出なければなりません。
できるだけありのままの自分をアピールできるように
面接試験に臨むことが就職を成功させるには大切なことです。

就職試験の面接対策について

 

面接の対策が、
就職試験で合格するためには最も重要だと言われています。
企業サイドとしても、
これから長い間一緒に働き、
会社の戦力として頼りになるという人材を見つけ出すためには、
面接を通して応募者をよく知る必要があるのです。

 

面接時には実際に会って様々な質問を行い、
受け答えや対応をチェックします。
面接対策が不十分なまま面接試験の場に行くと、
思うように自分のことが話せず、
せっかく面接までいったのにうまくいかなかったということもあります。

 

就職だけではなく今では、
学校の入学試験でも面接試験を行うところが増えています。
家によっては、面接を受けること自体に抵抗をなくさせておくことを
子供への将来の面接対策としているところもあるようです。
面接中にいかにも演技するような受け答えにならないようにしましょう。
いつもどのような態度で相手に接しているか、
言葉遣いに問題がないかなどが面接の場で活きてくることもあるといいます。

 

面接といっても、グループで行うこともあれば、
1対1もあります。
多人数の質問者にたった1人で答えなければならないこともあって、
それだけで固くなってしまう人もいます。
事前に対策を立てておこうとしても、
聞かれることは行ってみなければわからないことも多く、
一筋縄ではいきません。

 

倍率の高い企業ほど、
新卒者の場合は特に有能な人材が数多く集まりやすいですから、
面接の対策をしておくことが大事です。

就職活動時の面接試験の対策方法

 

就職試験の面接では、
なんとか自分をうまくアピールし
人事担当者に気に入ってもらいたいものです。
とはいえ人事担当者はその道の専門家です。
人を見る目に長けており、
面接では鋭い質問を向けてくることも多いようです。
とっさに答えられず気まずくなってしまうような事態も、
時にはありえます。

 

新卒者の就職活動では、
場数を踏んでいないのに
本格的な面接に出なければならないことも多く、
言葉に詰まってしまうこともよくあります。

 

最近は、就職試験の面接をクリアするための
対策本も数多く販売されており、買う人も多いようです。
主として学生が多く利用しているものに、
面接対策のホームページがあります。
就職情報サイトでは、
実際に就職活動で面接を受けた人が
対策法や聞かれた内容などの情報交換をしています。
面接対策には欠かせないような
重要情報が掲載されていることもあり、
就職活動とはいかに有用な情報を得るかとい様相を呈しています。

 

けれども、会社側も面接対策に対する対策は
行っていると考えていいでしょう。
時にはプロのコンサルタント会社の職員に
面接の場にいてもらって質問を任せる企業も存在します。
面接などの対策本などによく書かれている内容は、
すでにお見通しです。
違った角度の面接試験を行うこともよくあるようです。

 

変な小細工を弄したり、
実際と異なる自分を演じる必要は面接にはありません。
自分自身を伝えることが大事です。
自分の真のあり方を面接官に見せた上で判断をしてもらうことが、
最も重要な面接対策になることは覚えておくべきです。