就職の作文

就職の作文について

就職活動では、
試験として作文を書き上げることが
要求されることがあります。

 

主題に基づく作文を書くことが多いですが、
名目的な主題が多いようです。
「働くとは」「コミュニケーションとは」という単語ものや、
「地球環境問題」「IT革命」など社会的なもの、
「私の夢」「私の人生観」など
考えを述べるものなどがあります。

 

基本的に名詞だけの提示の形をとり
結局人生への姿勢と会社への姿勢の2つが中心で、
それに一部その業界の知識が付加されるというのが
就職作文の典型的なものになっている様です。

 

プロのような素晴らしい論文を
書かせようとしているものではありません。
読める文を書くという一点くらいは、
こなさなければならないのは事実でしょう。
とはいえ、担当者を感動させるような
世紀の名文を書く必要はなく、
就職試験に採用されるための作文であればいいのです。

 

求職者にあるテーマで作文を書いてもらうことにより、
その人がどんな人物か見たいという理由が
就職試験の作文にはあります。
人の個性は何となく書かれた文章からでも
透けて見えるものですから、
自己PRのためにと書かれた就職用の作文であれば尚更のことです。

 

履歴書と作文とで書類審査に使うという会社もあります。
大勢の就職希望者を制限のある期間内で判断するということは、
会社にとっても簡単なことではありません。
そこで受験者を絞り込む手っ取り早い方法として、
就職の作文試験を課すことが多いようです。

 

 

 

不採用だらけの人のための採用担当の話

就職作文の書き方

就職作文には書き方のコツがあるのでしょうか。

 

採用試験では、作文を通して
就職への意欲や自己PRをすることを、
担当者側は求めています。
つまり就職の作文は、
しっかりとした自己分析が出来ていないと
書けないものなのです。

 

では、採用される作文とは、
与えられたテーマに対してどう分析し、
どのような順序で、
どんなことを書いていけばいいのでしょう。

 

自分の言いたい事や主張が明確にあり、
題目に関わる事実を踏まえている必要があります。
自分以外の他者の言いたい事や、
異なる主張との対決に耐えられるような
文章構成になっていれば、
就職試験に合格する作文となるのです。

 

会社への姿勢で言えば、
求職者それぞれがどう考えていようと
実際は関係ありません。
会社で働く時には社内の人間関係を大事にし、
チャレンジ精神をもって新しいことに取り組み、
誠心誠意仕事をしたいという事を作文でアピールしましょう。

 

作文では色々な主題が出されていますが、
作文を通してすべきことはこれに集約されます。
もし、将来像や人生を問われた場合、
無理をせずに安全パイな選択をするのではなく、
自力で人生を切り拓くために
頑張りたいという趣旨にしましょう。

 

テーマに対してどんなアプローチで
文章を書いてもいいという作文だとしても、
字義通りの意味で取っていいものではありません。
作文でどんなことを書けば
就職がうまくいくかを把握しておくことで、
自信を持って試験会場に向かえるでしょう。

就職作文を書くときの注意点

就職作文を書く時には、
どの様な点に注意すれば良いのでしょうか。

 

作文に書いてはいけないことは、
将来の夢や会社に入ったらしたいことを聞かれても、
パソコンを購入したいとか海外旅行に行きたいとか、
仕事と無関係な物事を書くことです。

 

就職作文を希望者に課する
会社の狙いがわかっていないと、
決定的な失敗に繋がることもあります。

 

また就職作文を書く上で
最も注意しておくべきたい大事な点は、
わかりやすい文章を書く事です。
わかりやすい文章という事自体が
曖昧な表現でわかりにくいという指摘を
受けるかもしれません。
背伸びをして小難しい理論を振りかざしたり、
あえて難しい言い回しを使ったりせず、
平易で適切な言い回しをしましょう。

 

これは珍しい話ではありませんが、
知っていることが関わると
専門的な用語や他人は知らない考え方を
ひけらかしたくなる人は時折います。

 

けれど、会社側からしてみれば、
ただ難しいだけの文章を
延々見せられても手間がかかるばかりで、
読み飛ばされる危険性も存在します。
誰もが知っている様な言葉を用いて、
平易な言葉遣いで書くよう注意しましょう。

 

難しい言葉を使わないと知識レベルが
低いと判断されないかと感じる方もいるようですが、
杞憂です。
誰もがわかる文章こそ、
読み手の立場を理解しようとする
姿勢が伝わるものです。
相手を思いやるスタンスを示すことで、
就職後も人間関係や取引相手を
大事にできるという人物像を示せるのです。